学校法人 青森山田学園

青森山田学園の歴史と成り立ち

pic_founder
創立者 山田きみ

創立者 山田きみ

山田きみは明治二十一年旧暦三月三日生まれである。
明治四十一年、共立女子職業学校において裁縫、刺しゅう、割烹のコースをこなし卒業した。卒業と同時に県立第三高等女学校(後に青森高女)の家庭科の教師となった。
結婚退職後、地域の要請に応えて、山田裁縫教授所を、大正七年四月十五日に下新町の生家に開いた。
昭和六年、青森家政学園となり、昭和八年山田高等家政女学校文部省認可、青森山田高等学校の基礎をつくる。さらに高等専門学校の大学設立の計画をうち立てるが、その開学を待たず、昭和三十六年に亡くなった。

このページのトップへ