教育基本理念

 青森山田学園は平成30年4月、創立100周年を迎えます。「青森に生まれ、青森に育ち、青森の子を育てる」というスローガンのもと、教員一丸となって100年に及ぶ伝統を築いてきました。日本全国を見通して、どこにも引けを取らない私学です。卒業生は約40,000人。県内外に幾多の人材を輩出しています。同窓会名簿には、県会議員、市議会議員をはじめ、県内の経済界の重鎮が名を連ねています。スポーツ界では卓球、野球、サッカー、バドミントン、新体操などで日本チャンピオンやオリンピックメダリスト及び日本代表といった有名選手が育っています。近年では大学院、通信制高等学校などを通して、アルピニストの野口健さん、テニスの錦織圭さんなど世界に羽ばたく若者の学び舎として社会に広く貢献しています。現在では他県からの学生や外国からの留学生も多く、「青森の子を育てる」だけでなく、「日本の子、世界の子を育てる」学園になっています。私立学校とは、学校の教職員、生徒、学生とともに卒業生、保護者も一緒になって育てていくものです。初めは大変でも徐々にその成果は現れ、100年も経つと大きな樹木に育ちます。国公立とは違い、税金で運営されていない利点、すなわち自由で独自な学風があります。これは世界各国、どこでも同じです。イギリスでもアメリカでも私立学校の伝統は国家を支え、世界に貢献しています。  青森山田学園はまもなく100年を迎え、新しい時代に突入します。そのときに備え、今から学園の足腰を鍛えておきたいと思います。学業、財政、ガバナンスを初め様々な点で青森を代表する学校に仕上げていかなくてはなりません。卒業生、保護者の方々共々力を合わせ学園教職員が一枚岩になり邁進していく覚悟です。皆様のご支援を心より厚くお願い申し上げます。


このページの上へ